女性ホルモンに働きかける身近な食べ物でバストアップを目指そう!
悩む女性のアイコン

身近な食べ物でバストアップはできますか?

バストアップサプリメントに頼らずにバストアップ効果のある食べ物を利用して胸は大きくなるのでしょうか。 身近な食べ物の中にも実はバストアップ効果のある食材はあるものです。副作用を考えずに安くバストアップする方法は果たして存在するのでしょうか?「本当にサプリって必要なの?」というあなたの疑問にお答えします!

美容整形外科医がご紹介するバストアップ効果のある代表的な身近な食べ物は以下の通りです。

笑顔の女性のアイコン

キャベツのバストアップ効果について

バストアップする効果のある身近な食べ物の中でもキャベツは割と知られた存在だと思います。 テレビや雑誌などでキャベツが胸を大きくする効果があることを知った女性は少なくないはず。しかしなぜキャベツがバストアップに効果的だと言えるのでしょうか?

それはキャベツに含まれている「ボロン」というホウ素の一種のおかげだと言われています。ボロンは植物性エストロゲンの一つで体に取り込まれることによって、エストロゲン(女性ホルモン)を受け取る器官が反応し、エストロゲンの分泌量が多くなる効果がありますエストロゲンは女性の身体を女性らしくイキイキと改善する効果があり、バストの乳腺と呼ばれる母乳を貯める組織を発達させ、胸を全体的に底上げします。またむくみやお肌トラブルを改善し、更年期障害月経症候群(俗に言う生理痛)を和らげる効果があるのです。

このボロンはキャベツのほかにりんごももはちみつなどにも含まれていると言われており、積極的に食べていきたい食材ですね。 ボロンは熱にとても弱い物質ですので、できる限り生で食べることによって多くのボロンを体に取り入れることができます。キャベツなら千切りにしてリンゴが原材料に含まれているウスターソースをかけて食べれば良いですし、食後にリンゴやモモにはちみつをかけて召し上がってみてはいかがでしょうか?健康にも良いし胸も大きくなるし、何よりおいしいですし一石三鳥ですね。

笑顔の女性のアイコン

大豆製品のバストアップ効果について

大豆もキャベツと並んでバストアップ効果のある身近な食べ物として有名ですね。大豆といえばやはりイソフラボンでしょう。このイソフラボンもやはり植物性エストロゲンの仲間の一つであり、プエラリアなどバストアップサプリメントに配合されている原料にも成分として含まれています。

イソフラボンを摂ることで、女性ホルモン受容器官が反応し、エストロゲンの分泌量が促進されるのです。イソフラボンは特に女性にとって嬉しい健康効果が多く、過剰摂取しなければ健康を保つために効果的な成分です。

食品安全委員会は、食事から摂る大豆イソフラボンの摂取目安量の上限を1日70~75mgと定めています。これはさらにわかりやすくすると

  • 納豆2パック分
  • 450mg豆腐を1丁分
  • 300mlの豆乳

といった量になります。

日本食には味噌など多くの大豆食品が含まれているので、気付かないうちに目安量をオーバーしてしまいがちなので注意してください。また大豆にはカルシウムの吸収効率を上げてくれる効果もあります。女性はホルモンの影響で骨が脆くなりがちなので、カルシウムの多く入ったにぼしや牛乳などと一緒に食べることによって骨粗鬆症などの予防にも効果的です。

笑顔の女性のアイコン

ザクロのバストアップ効果について

ザクロもまたバストアップの効果があるとされている食品であることをご存知でしょうか。

あのクレオパトラも美容を保つために毎日食べていたとされるザクロですが、微量の植物性エストロゲン「エストロン」が含まれて居ることがわかっています。可食部分の種の部分にエストロンは多く含まれており、エストロンは他の植物性エストロゲンと同様にエストロゲンの分泌を促進します。

しかしこのエストロンの量ですがかなり微量なため、残念ながらザクロを食べ続けることによってバストアップ効果はあまり期待できません。しかしながらザクロにはアンチエイジングに効くアントシアニンやレスベロラトロールなどの抗酸化物質の他に数多くのビタミンミネラルが含まれており、美容に効果的です。美しいバストを目指すためにも、ザクロは食べておいて損はない食べ物だと言えます。またザクロにはカリウムが豊富に含まれており、体内に溜まっている余分な水分を身体から排出し、むくみの予防にもなるのです。

さてザクロを食べる際ですが、できる限り加工食品ではなく生の果実を食べるようにしてください。市販で売られているザクロジュースは果汁を粉末状にして水で戻す濃縮還元と言われている方法で加工されていることがほとんどです。残念ながら加工の段階で栄養成分が失われていることが多く、ザクロジュースなどの加工食品ではほとんどエストロンは検出されなかったという研究結果も出ています。生のザクロはなかなか手に入れることができませんが、できれば加工していない状態のザクロを食べるようにしてください。

笑顔の女性のアイコン

やっぱり毎日摂る必要のないサプリメントがお手軽

身近な食べ物でバストアップするために、代表的な3つの食べ物をご紹介させていただきましたが、いかがでしょうか。

身近な食べ物の中にもバストアップ効果のある食べ物は存在しますが、やはり毎日食べ続けるのは辛いという女性の皆さまの声を多く聞きます。自分で目安量を計算し毎日の食事の中に組み込まなくてはなりませんので、身近な食べ物でバストアップに挑戦するのは中々厳しいという意見が多数です。

サプリメントのメリットとしてはやはり、毎日手軽に摂取できること、続けやすいということです。バストアップサプリメントは決して安いわけではありませんが、真剣にバストアップを考えているのであればまずはサプリメントを考えてみるべきだというのが私の経験を踏まえた上での結論です。

一人暮らしの女性は毎日の生活に忙しく、食生活が乱れがちです。すこしでもお手軽にバストアップをするために、やはりサプリメントを飲むことをおすすめします。