ナイトブラで就寝中もバストアップ
笑顔の女性のアイコン

ナイトブラの着用方法とは?効果のある付け方をしよう!

ナイトブラは寝ている間にバストの崩れを防いでくれるアイテムですが、崩れ防止だけではなく逆にバストアップにつながるよう育ててくれる効果もあるんです。
寝ている間にバストアップができるなんて、まさに夢のようですよね!

しかし、ブラジャーに正しい付け方があるように、ナイトブラにも効果的な付け方があります。
それを知らずに間違った方法で使用していても効果が出なかったり、逆に胸を締め付けて潰してしまったり…。
女性の体はデリケートですので、ナイトブラの正しい付け方を身につけて、効果を最大に実感しましょう!

ナイトブラの形状について

ナイトブラはブラジャーと違って、背中にホックがついている形状の物は少なく、スポーツブラと同様の筒型のものが一般的です。
ホックがあると着用には便利ですが、ナイトブラは就寝時に着けるものですので、ホックが当たって違和感を感じてはぐっすり眠ることはできません。
同様の理由から、ワイヤーが入っているものも少ないです。

商品によっても形状は違ってきますし、素材も様々なものがあります。
当サイトでは選ぶ時のポイントをご紹介していますので、ナイトブラ選びに迷ったらこちらを御覧ください。

ガッツポーズの女性のアイコン

ナイトブラをつけてみよう!《前編》

1、腕・頭から被って着ける場合

一般的にこの方法で着けている方が多いと思います。
まず腕を通し頭を通したら、両手で肩から少しずつおろしていき装着完了!

2、足から履いて着ける場合

もうひとつの方法として、足から履いて上げていく方もいるようです。
足を通して上げていき、お尻で伸ばしすぎないよう注意しながらお腹まで上げ、お腹回りお肉もバストへ持っていくことを意識しながらバストまで上げて、肩ヒモを通して装着完了!

このように、頭から被るよりも足から履いた方がお肉をより多くバストに集められ、バストアップ効果が出そうですね。
しかし、お尻や骨盤を通過するときにナイトブラが伸びてしまう心配もあります。
そのため、上記2点のいいところを合わせた方法をご紹介いたします。

3、合わせ技バージョン

まず頭から通したら腕は通さずにそのままお腹までおろします。
お腹回りお肉もバストへ持っていくことを意識しながらバストまで上げていき、肩ヒモを通して装着完了!

以上3パターンを試し、一番着けやすい方法を見つけましょう。
ナイトブラは商品により伸縮性が異なります。また、体の柔軟性も個人差がありますので、ナイトブラを着けることが面倒になってしまわないように、まずは着けやすい方法で試してみてくださいね。

ガッツポーズの女性のアイコン

ナイトブラをつけてみよう!《後編》

実はナイトブラを着用する際に、重要となるポイントはここからです。
上記でご紹介したようにただ着けただけでは、残念ながら効果は減少してしまいます。
ブラジャーでいうと、肩ひもを通しホックを止めただけの状態です。

その後に行っていただきたいのは、ずばり、背中・脇・腕・お腹からお肉をたくさん寄せ集めることです!
ナイトブラの効果として、寝ている体勢で脂肪が流れないよう位置の固定も意識されているため、バストパップ効果があるとうたわれています。
そのため、ナイトブラのバスト部分にお肉をたくさん集めておくことで、流れないようホールドしてくれ、結果的にバストアップに繋がるというしくみです。

お腹から集める

  1. 左手でウエストあたりからグッと手の平を滑らせお肉を上げ、右手でナイトブラを少し持ち上げて左手をブラの中へ入れます。
  2. 上から右手をブラの中に入れて、お肉をキャッチします。
  3. 左手をブラから出したらブラを整えて右手を取り出します。

腕→脇→背中のお肉を集める

  1. 左腕は楽に前方へ伸ばした状態で、右手を、左バストのブラの中に入れ、左腕の二の腕あたりからしっかりお肉をキャッチ
  2. グッと滑らせながら背中→脇へ滑らせ、左のバストまで持ってきましょう。
  3. 二の腕から背中にきたあたりで、左手はナイトブラの下の方を少し引っ張ってあげると調整しやすくなります。

これをすると、さっきとは大違い!格段にバストがふっくらし、固定されます。
同様に右側も行うと、ふっくらとした綺麗な谷間ができます。

慣れるまで少し難しいかもしれませんが、この動きはぜひ練習してマスターしてください
ブラジャーをつける際にも使えますので!
寝る直前にもナイトブラにお肉が集まった状態であることを心がけ、ナイトブラにしっかりホールドしてもらった状態で就寝しましょう。