ナイトブラは昼間付けても効果ある?
悩む女性のアイコン

ナイトブラを昼間に着用すると?

ナイトブラは『寝ているときにバストアップ』というコンセプトで販売されていますが、ナイトブラを日中に着用するとどうなるのでしょうか?

ブラジャーに比べて着けやすいですし、バストアップ効果を早く実感したいから日中も着けたいという心理になる方もいるようです。ナイトブラの機能や構造から、ナイトブラを日中に着用することについて考えていきましょう。

笑顔の女性のアイコン

ブラジャーとナイトブラの大きな違いについて

まずはみなさんが日中着用しているブラジャーとナイトブラの機能を比較してみましょう。

日中に着けているブラジャーは、立っている時のバストを支えるため下方向の重力に対応する構造になっています。
それに対してナイトブラは、寝ている時のバストを支えるため横方向(脇のほう)の重力に対応する構造になっています。

また、日中はさまざまな動きをしますよね。走ったり、お辞儀をしたり、伸びをしたり…。
それに比べて寝ている間は寝返りをうつ程度です。
そのため、日中のさまざまな動きに対応できるようにブラジャーのほうがナイトブラよりもホールド力が高いと言えます。
ナイトブラは睡眠を邪魔しないように締め付け過ぎないよう意識して作られています。

悩む女性のアイコン

日中にブラジャーのかわりにナイトブラをつけたら…

ブラジャーとナイトブラの機能の違いがわかったところで、次にナイトブラを日中につけるとバストにはどのような影響があるのか考えていきましょう。

ナイトブラには、ブラジャーのような立っている時のバストを支えるための下方向の重力に対応するサポート機能がありません。そのため、揺れたり、走ったり、過度な力が加わると、バストを支えているクーパー靭帯が伸びてしまったり切れてしまいます。

結果的にバストの下垂、形の崩れにつながってしまうのです。

就寝時にナイトブラを着用してしっかりバストケアをしても、日中にナイトブラを使用しバストに大きなダメージを与えてしまっては意味がありません。
ナイトブラに慣れてくると、つけ心地がいいので日中も着けたくなってしまう方は多いようですが、バストのことを考えると日中はブラジャーを、就寝時はナイトブラを着用し、使い分けることをおすすめします。

ガッツポーズの女性のアイコン

それでも日中も着けたい!という方へ

「ブラジャーの締め付けが苦手」「ワイヤーがフィットしない」「肩ひもが痛い」など、ブラジャーの着用に悩みを抱えている方も多いようです。
ナイトブラでは日中の動きに対してバストをサポート仕切れない問題点がありますが、中には24時間着用しても大丈夫な設計の商品もあるようです。

また、最近ブラトッブを愛用者している方が増えてきているようですが、バストをホールドする機能はほとんどありません。しかしブラジャーに戻るのには抵抗が、、いう方へは、このような24時間着用可能なナイトブラは使いやすいのではないでしょうか?

女性のバストは大変デリケートです。
あなたの体に合ったナイトブラを正しく着用してバストケアをし、美しいバストを目指しましょう!