レッドクローバー
悩む女性のアイコン

レッドクローバーとはどんな成分なのでしょうか?

バストアップサプリメントの成分として含まれていることの多いレッドクローバーという成分ですが、一体どのような成分なのでしょうか。
レッドクローバーはヨーロッパからアジア諸国、アフリカまで世界中で見かけることのできるハーブの一種です。

日本名ではアカツメクサと呼ばれているのですが、こちらの方が我々には馴染み深いですね。
レッドクローバーは3つの派に分かれており、いわゆる河原や空き地によく生えている三つ葉と呼ばれる植物のことです。

実はこのレッドクローバーですが、古代ローマ時代からハーブとして利用されていた歴史があります。
レッドクローバーを摘み取り、葉や花がついたまま乾燥してハーブティーとして利用されており、咳止めや湿疹に効くとされて重宝されてきました。
このように古い時代から利用されてきたレッドクローバーですが、一体なぜバストアップサプリの成分として配合されているのでしょうか。

悩む女性のアイコン

レッドクローバーなぜバストアップに効果的なのでしょうか?

レッドクローバーには近年「植物性エストロゲン」と呼ばれている成分が配合されていることが明らかになりました。
植物性エストロゲンというのは植物の成分に含まれている女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする物質のこと言います。

大豆に含まれている大豆イソフラボンがよく知られていますので、耳にした女性の方もいるのではないでしょうか。
レッドクローバーにもこのイソフラボンという物質が含まれていることが明らかになり、それからさらに研究が進むにつれてレッドクローバーのイソフラボン含有量は他のハーブや野菜と比べても多いということがわかったのです。

エストロゲンという女性ホルモンは排卵日前に分泌量のピークを迎え、女性をより活発的にし肌や髪の調子も整える女性にはなくてはならないホルモンです。
バストの大きさに深く関わっている乳腺という組織を増殖させることが知られており、バストアップサプリメントは無くてはならない成分なのです。

          

植物性エストロゲンが体内に吸収されるとエストロゲンの効果が活性化され分泌量が増えると言われています。
バストアップサプリの植物性エストロゲンを含む成分で他によく見られるものはプエラリア・ミリフィカやブラックコホシュ、大豆、キャベツなどです。

笑顔の女性のアイコン

レッドクローバーと相性の良い成分について

バストアップ効果のあるレッドクローバーですが、一体どのような成分と飲み合わせるのが効果的なのでしょうか。

レッドクローバーには先ほどもご説明しましたが、イソフラボンという女性ホルモンを活性化する成分が含まれています。
イソフラボンは女性ホルモンの効果を活性化しますが、バストアップに十分な効果が発揮できるかというと疑問です。

しかしながらレッドクローバーよりもさらに強い効果のある植物性エストロゲンが配合されているハーブがあります。
プエラリア・ミリフィカというタイ原産のハーブは、処方箋が必要な医療用女性ホルモン活性剤と同等の強さがあるとされている、ミロエステロールが含まれています。
プエラリア・ミリフィカと一緒に飲み合わせることでさらに強いバストアップ効果が得られることでしょう。

また女性ホルモンは正しい量が分泌されて初めて良い効果を発揮します。
植物性エストロゲンを摂取しすぎてしまうと健康被害が現れてしまう可能性があります。
なので女性ホルモンの分泌量を調整する成分の中でも特にエストロゲンに作用するチェストツリーという成分が配合されているバストアップサプリメントを選ぶようにしましょう。

これら三つの成分が配合されたサプリメントとしてエンジェルアップをお勧めします。

エンジェルアップ商品説明画像

【エンジェルアップ】の評価

  • 口コミによる評価:4.4
  • バストアップ成分効果:4.3
  • プラス美容効果:4.8