バストアップサプリを購入する前に成分について簡単に学んでいきましょう
笑顔の女性のアイコン

購入前に知っておきたいバストアップサプリの成分

バストアップサプリには飲むタイプのサプリメントや、塗るタイプのクリームがありますが、実際にどのような成分が含まれているのでしょうか。 バストアップサプリメントを購入する前に、成分について簡単に学んでいきましょう。

星の数ほどあるバストアップサプリメントですが、効果があまり期待できないサプリメントがあるのも事実なのです。 そのような粗悪品を避けるためにも是非成分のことについてちょっとしたお勉強をしていきましょう。

悩む女性のアイコン

バストアップサプリメントにはどのような成分がある?

バストアップサプリに含まれる成分の効能を調査してまとめました!

バストアップサプリメントの成分を初心者の方にもわかりやすいようにかんたんにグループ分けしてみました。
バストアップサプリに含まれている成分には大きく分けて以下の4つの成分が含まれています。

1. 女性ホルモンの分泌を促進

バストアップサプリメントを語る上においてやはり一番重要なのは女性ホルモンの分泌を促す成分であります。バストアップをするために必要不可欠であるエストロゲンプロゲストロンなどの女性ホルモンの分泌を促進する効果がある成分が配合されています。

バストアップ効果があるとされているサプリメントで女性ホルモンの分泌を促す成分が配合されていない場合は、効果のないサプリメントですので購入しないように注意してください。エストロゲンの分泌が促進されることで乳腺が発達し、女性らしい体つきになるように身体を変化させる効果があります。

 女性ホルモンの分泌を促進する主な成分の情報

2. 女性ホルモンのバランスを整える成分

女性ホルモンをただ闇雲に分泌させていても効果がありません。女性ホルモンはバランス良く分泌されてはじめてバストアップ効果があります。
この女性ホルモンのバランスが崩れると重い生理痛(EMS)精神不安定になってしまいますので、バストアップどころか体に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。このような女性ホルモンが分泌されることによって心配される副作用を抑えるのが女性ホルモンのバランスを整える成分なのです。

女性ホルモンには大きく分けて二つのホルモンがあるとされており、エストロゲンとプロゲステロンといいます。
月経によって引き起こされる様々な症状はこのホルモンバランスが関わっているとされています。

 女性ホルモンのバランスを整える主な成分の情報

3. 美しい肌を生み出す成分

美しいバストを生み出すために女性にとって嬉しい美容成分が多く配合されているのもバストアップサプリの特徴の一つですね。
コラーゲンなど肌の張りやキメを整える成分が美しいバストを作り上げます。バストアップサプリを飲むことで化粧のノリが良くなったり、むくみにくくなったなど嬉しい効果も報告されています。
良いバストアップサプリは女性の健康にとって必要な様々な成分が配合されています。

 美しいバストを創り上げる主な成分の情報

4. バストの材料となる成分

バストアップを引き起こすのは主に女性ホルモンなのですが、やはりバストアップに必要な「材料」は必要不可欠です。
バストの材料となるのはたんぱく質なのですが、このたんぱく質にも様々な種類があることをご存知でしょうか?
本当に効果のあるバストアップサプリメントは日本人女性が遺伝子レベルで吸収しやすいたんぱく質を配合していることが特徴的です。
またたんぱく質の種類によって爪になりやすいもの、皮膚や筋肉の元となりやすいものなど効果の違いもあります。
良質なバストアップサプリほどこのたんぱく質の違いも考慮した上で成分を配合しているとされています。

 バストアップの材料となる成分の情報

笑顔の女性のアイコン

成分から見る正しいバストアップサプリの選び方

プエラリア、プラセンタエキス、ヒアルロン酸…おまけに女性ホルモンがどうとかこうとか…。
そんな呪文のような成分を言われても、実際にどれを選んでいいのかわからない女性のために成分から見る簡単なサプリメントの選び方をご紹介します。
実はバストアップサプリメントの見分けるためには5つのポイントがあったのです。
本当に効き目のあるバストアップサプリを選んでいただくために、バストアップサプリの見分け方をまとめていますので、是非こちらも参考にしてみてください。

笑顔の女性のアイコン

バストアップサプリの副作用を確認!

バストアップサプリメントは用法用量を守ることによって副作用の心配はないと思いますが、念のため考えられる副作用についてもまとめておきました。副作用の情報については以下のページをご覧ください。
飲めば飲むほどバストアップ効果があるというわけではありませんので、1日の用量はきちんと守った上で正しい摂取を心がけるようにしましょう。