バストアップクリームの正しい使い方
ガッツポーズの女性のアイコン

バストアップクリームの正しい使い方を知っておこう!

バストアップクリームは塗るだけでバストアップ効果を感じられるというものですが、少しの工夫で効果アップが期待できる可能性があることをご存知でしょうか?

使用するタイミング、クリームの塗る方向、マッサージ方法など、ちょっとしたポイントがあります。
もしもただ何となく塗っているというかたの場合、気づかないうちに大切なバストへダメージを与えてしまっているかもしれません。

バストアップクリームを使用しているが効果がいまいち現れない…というかたも、一度試していただきたい簡単なコツや方法をご紹介していきます。

笑顔の女性のアイコン

バストアップクリームを使用するタイミング

まずは一日の使用回数を説明書で確認しましょう。塗るタイミングが指定されている場合は説明書に従ってください。
特に記載が無い場合、ベストなタイミングはお風呂あがりです。
お風呂上がりは素肌が清潔な状態で、なおかつ体の血行が良い状態のため、バストへ栄養が届きやすくなっています。
肌にしっかりなじませて浸透させることで、より効果的だと考えられます。
お風呂上がりに塗ると決めておくと習慣付きやすくなるので、塗り忘れ防止にもなりますね。

笑顔でオッケーサインする女性のアイコン

効果UPするバストアップクリームの塗り方

みなさんはバストアップクリームをただ何となくささっと塗っていませんか?
無意識に行うと知らぬ間にバストを傷つけてしまうことがあるのです。
血液やリンパ腺、乳腺の流れる方向や、バスト部分の筋肉と脂肪の構造を考えて、バストに良い塗り方のコツをご紹介いたします。

・下から上へ動かす

バストの脂肪や乳腺組織は、クーパー靭帯という筋肉が重力に負けないように支えています。
そのため、バストを下方向へ力を加えて動かしてしまうとクーパー靭帯に負荷がかかり、伸びてしまったり切れてしまったりしてしまいます。
これを防ぐため、クリームを塗る際の手の動かし方の一つは、バストの下から上へと動かしましょう。
手はバストに合うように少し丸めて、バストの下から優しく包みこむように添えます。
そして下から上へと優しく持ち上げるようにしながら滑らせていきます。(この後、上から下へ戻る動きはNG

・外側から内側へ動かす

脇の部分の脂肪をバストへ流す事でバストアップにつながっていきますので、外側(脇の下)から内側(体の中心)へ向かって滑らせて塗りましょう。
この動きをすることで、乳腺を刺激することができます。
逆に内側から外側へと動かしてしまうと、離れ胸につながってしまいますので注意しましょう。

笑顔の女性のアイコン

バストアップクリームを塗りながらのマッサージ


  1. 左の手の平で左のバストを下から支えながら持ち上げます。
  2. 次に右手の指(親指以外の4本)で左のデコルテ部分やデコルテの少し下のバストとの境あたりのエリアを、大きく円を描きながらマッサージしましょう。
  3. 反対側も同様に行いましょう。

このマッサージをすることで、バストに関係するリンパや血液のつまりが解消されるため、バストへ栄養が行き届きやすくなります。

初めて知ったものはありましたか??
バストアップクリームはただ塗るだけで終わりにしてしまうのではなく、塗り方を意識したりマッサージを行う事で効果を促進することができます。どれも簡単な動きでできますので、ぜひ合わせて試してみてくださいね。
女性のバストは本当にデリケートな構造ですので、くれぐれも力を入れ過ぎず優しく行いましょう。

また、クリームは塗れば塗るほど効果が表れるわけではありません。
商品によっては副作用などが起こる可能性もありますので、きちんと使用上の注意などを読んで使用するようにしましょう。