成分イメージ画像
笑顔の女性のアイコン

バストアップクリームの成分と効果について

さまざまなバストアップクリームが販売されていますが、バストアップに効果的な成分が配合されていなければ普通のボディクリームと同じことです。バストアップクリームだと思って購入したものが、実はバストアップ成分が入っていない、バストケア用の美容クリームだった…という経験があるかたもいるのではないでしょうか?

ではバストアップ効果が期待できるクリームにはどのような有効成分が配合され、どのように作用してくれるのでしょうか?
ここでは、絶対に知っておきたい「バストアップ効果につながる有効成分」の紹介と、バストアップ効果はないけれど「バストに美容効果を与える成分」でよく用いられている代表的な成分を解説していきたいと思います。

ガッツポーズの女性のアイコン

バストアップ効果につながる有効成分

バストアップクリームならば、バストアップ効果につながる有効成分が配合されていなければ意味がありませんよね。
それでは、バストアップ効果が期待できる成分にはどのようなものがあるのでしょうか?
バストへの効果別に、絶対に知っておきたい成分を解説していきましょう。

バストの脂肪増幅&蓄積効果のある成分

ボルフィリン(ハスナゲ根エキス)
ボルフィリンとは、ハナスゲというユリ科の植物の根から抽出できるサルササポゲニンという物質を主成分とした物質です。
フランスで研究開発された近年大注目の成分で、その効果は、皮膚へ塗布した部分の“脂肪細胞を増やす働き”と、“脂肪細胞を蓄える働き”があることです。
そのため直接バストに塗る事でバストの脂肪を増やし、さらに増やした脂肪を蓄えてキープすることでボリュームのある美しいバストへ導き保持しやすいという効果が期待できるのです。
バストアップでお悩みのかたの最大のポイントはやはりバストの脂肪を増やして大きくなりたいという点なので、ボルフィリンはまさにバストアップのための成分といえるのではないでしょうか。

女性ホルモン活性化 効果のある成分

プエラリア・ミリフィカ
プエラリア・ミリフィカは、タイが原産のマメ科植物で、芋状の根部分を利用します。
プエラリア・ミリフィカには植物性エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンを活性化する成分がかなり豊富に含まれており、植物性エストロゲンでよく知られている大豆イソフラボンの約1,000倍の作用があるとされています。
女性ホルモン活性化につながるため、乳腺の発達を促進する効果が期待でき、そのためプエラリア・ミリフィカはバストアップサプリメントやクリームなどによく配合されています。
大豆イソフラボン(大豆胚芽摘出物)
大豆に含まれているイソフラボンも植物性エストロゲンの一種です。
そのため、体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用をすると考えられており、乳腺発達を促してバストアップ効果が期待できます。さらに、コラーゲンを増やす効果も期待でき、ハリと弾力のある肌へと導いてくれます。
ハリと弾力はバストにとって重要な要素ですので、美しいバストのための必要な成分といえます。
笑顔でオッケーサインする女性のアイコン

バストに美容効果を与える成分

上記に紹介したようなバストアップ効果はありませんが、バストにツヤやハリを与えてくれる美容成分が一緒に配合されているバストアップクリームも多数発売されています。
バストアップクリームを使って、バストアップだけでなく美しいバストへと導いてくれるなんて一石二鳥ですよね。
よく使用されている代表的な成分と効果を簡単にまとめました。

  • プラセンタ
    代謝促進、ホルモンバランスの調整、シワやたるみの改善、アンチエイジング効果

  • ヒアルロン酸
    肌にハリ、潤いを与える

  • コラーゲン
    肌にハリを与える

  • ローヤルゼリー
    保湿、アンチエイジング効果

  • ザクロエキス
    美肌効果、肌にハリを与える、アンチエイジング効果、ホルモンバランスの調整

  • ビタミンC
    美白効果

  • セサフラッシュ
    肌のハリ、弾力、引き締め効果

バストアップクリームの有効成分について理解は深まりましたでしょうか?

バストアップ効果のあるクリームをお探しの場合は、ボルフィリンやプエラリア・ミリフィカが配合されているものがおすすめです。美容成分のみしか配合されていないクリームの場合はバストアップは期待できませんので、購入前にしっかり成分を確認しておきましょう!

成分の他にもバストアップクリームを選ぶ際に知っておきたいポイントがあります。
そちらも事前にチェックし、購入する際に役立ててください。